何かしなくちゃ!という気持ちを休ませてあげて@チャネリングメッセージ

今年の3.11でのライトワークは、
例年以上にたくさんの生命エネルギーが必要だったみたいです。
施術をさせてもらった方たちの
肉体の枯渇が酷く、
枯渇が癒えていないために、
息をしていないように固まった重たい体で
無理をして日常を回したことで更に枯渇が進んでしまっている。

 
click → 【大きなお役目の後】ゆっくりと休み、魂を癒すとき



肉体が疲れ果てているために余計に気持ちが焦り疲労する

 
疲れすぎていると、逆に眠れないのと同じ原理ですね。
今、あなたの頭と心が何かを言っていても、
きっとそれは、
生命が危険に晒されているレベルの枯渇を体が抱えているせいだと思います。

 
今の自分の肉体の枯渇レベルを怖いって感じているから、
早く何とかしたい!という肉体からのサインが

何かしなくちゃ!という気にさせ
あなたを焦らせている。

 

あなたの献身に感謝します@チャネリングメッセージ

 
あなたが生きているエネルギーを光として
この世界に捧げてくださったことに感謝します。

 
多くの、痛み傷ついた魂に
光を与えてくださったことに感謝します。

 
今は、あなたが心ゆくまで休んでください。

 
確かに、まだ十分とはいえないことは
あなたの魂も感じていることでしょう。

 
気持ちが焦り、情熱があなたに訴えかけているのかもしれません。
ですが今は、あなたの肉体の声を尊重してください。

 
私たちは、最大限の力をもって
あなたを守護していますが、
あなたの肉体に関する権限を持っているのは、あなたなのです。

 
あなたはまず、あなたの肉体を回復させることを
自分に許してください。

 
魂が感じている「もっと酷い事」や「もっと酷い人」「もっと酷い状況」と
あなたを比べる必要はないのです。

 
あなたには、あなたの肉体を大切にすることが
いついかなるときにも許されているのですから。

 

魂がライトワークの先で経験したことがPTSDみたいに表れている

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、
命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって
強い精神的衝撃を受けることが原因で、
著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

PTSDみたいな強度ではなくても、
あなたの魂が、ライトワークの先で
何かを感じた(感じ過ぎた)場合には、
あなたの心や思考に影響があって当然だと思います。

 

それが、「自分だけが休むことへの罪悪感」や
「何もしていない自分が許せない」など、
自分を必要以上に追い詰める思考となっているのかも。

 

ライトワークにどれだけ関わったのかの実感がなくても、
あなたの肉体が枯渇を訴えているのなら、
迷わず枯渇を埋めてあげること。
満たしてあげることが必要です。

 

今、気持ちが先走るような感覚に振り回されている方は、
たぶん、こういう状況の中で、
しんどい自分を抱えながらも、
なお、休むことすら自分に許せなくなってしまっているんだと思います。

 

あなたの存在も、
あなたの活動も、
あなたの日常も、
本当に尊いものです。

 

まずはあなた自身が、あなたをそう認めてあげて。

 

そのうえで、「ゆっくり休む」ことを
お役目のうちだと思えたらいいですね。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
ここまでお読みいただきありがとうございます。
必要な方に届くよう ↓ ポチッとお願いします。