高次の存在があなたに期待するのは光の表現者であること@ライトワーク

チャネリングができる、高次の存在が視える、オーラが視える・・・など

サイキック能力と言われるものよりも「先」に必要なのが、

周囲の人と健全な人間関係が結べているとか、

自分を表現できている(自分の感情などを把握できている)とか、

相手の心に寄り添うことができる(言葉やタイミングを選んであげられる)

ではないかと思います。

人間の質というか、人格、器、みたいなものですかね。

 

なぜなら、他者と関わりのない人や

他者との関わり方に問題がある人に

いくら精度よく高次の存在がメッセージを降ろしても、

それに対する健全な働きかけがなされないのであれば

メッセージが元からなかったのと同じだから、ですよね。




人間は、サイキック能力があることが「凄い」と思ってしまう。

でも実際は、

得た情報を元に、何をしたのかが

「凄い」かどうかなんです。

 

職場の仲間がしんどそうにしている。

↑  得た情報ですよね。

 

①放置

②話しを聞いてあげる

③辛かったらLINEしてきなよって声をかけておく

 

たとえ、サイキックな能力で、問題点が分かったとしても、

①放置 を選んでいれば

そこで終わりですが、

その人を楽にしてあげるために動いている最中である

②か③であれば、

あなたのライトワークとして繋いだ

相手とのエネルギーラインを

高次の存在が使うことができるんです。

 

それは、あなたを導いている存在でも

相手の守護霊さんでも。

 

高次からの情報が必要であれば、

相手と向き合っている あなたの口をお借りする形で

大事な情報は相手に渡っていきます。




自分で認識できるくらいの確固たる「サイキック能力」は、

誰かのために動いているときほど

客観性に育まれる形で安定して開いていきます。

 

そして、現場経験の豊富な人のところに

高次の存在はライトワークをお願いしているんですね。

人の話を普段から聞きなれている人が

高次の存在から託されたメッセージを

ポロッと口走っても

何の違和感もないでしょ?w

 

いつもは、一言も話さない寡黙なおじさんが

急に近づいてきて

「家の事はそんなに無理してまでやる必要ないよ」って言って来たら

・・・感謝よりも、その違和感に恐怖すら感じるかもしれませんしw

 

高次の存在は、

伝えたいメッセージを

受け取ってもらいやすいように、

なるべく自然の流れの中で働きかけたいんです。

 

ここのお手伝いをしている時点で

あなたはライトワーカーで、

ライトワークをしている光の表現者なわけですが、

併せて、サイキック能力者でもあるんですね。

 

今はまだ、しっかりと「自覚」ができてはいないかもしれませんが、

高次の存在に「使われる」という経験を

何度も何度もしていくうちに、

自分の言葉ではないものを口走っている自分に気づいたり、

言いながら、あ~私もだ!みたいに

話している内容と、自分の思考が会話している瞬間に気づいたり、

知らないはずのことまでアドバイスしていたり、

自分でも、自分のライトワークに気がつく瞬間が

必ず訪れます。

 

インスピレーションみたいな

実体のないあやふやなものに

あなたが命を吹き込むことが

光を表現するということ。

 

話す、タイプする、書く、描く、歌う、作る、創る・・・

あなたが触れ、具現化したものが

相手に光(高波動)として届き、

相手の波動が高まったり、

気づきに繋がったりすることを

ヒーリングが起こる、と言います。

 

あなたは、あなたの毎日の中で

今も、今までも

数えきれないヒーリングを施してこられた方なんですよ。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks