波動の高いものとは、誰が食べても美味しいものに似ている@高波動のあなたが周りに与える影響

好き嫌いを超えたところにある「美味しい」ってあると思いません?

一流のショコラティエが作ったチョコレート、

板前さんが揚げた天ぷら、

ソムリエが選び抜いた料理とマリアージュしているワイン。

 

「波動が高い」って、

こういうものに近い状態や現象のことを言います。

調和がとれ、

素材となる材料同士が

人の持つ高い技術によって

生かされ合っているような。




あなたは、普段のライトワークで

自分の感覚で他者に働きかけることを

躊躇う瞬間があるかもしれません。

 

ですが、

ショコラティエ、板前、ソムリエみたいに、

お仕事のために舌を鍛えている人がいるお店で

工場で大量生産をしているメーカーの製品を取り扱うなんてことは

きっと、この先ないですよね。

 

高波動に辿り着いた人の感覚が、

粗悪なものに惹かれる可能性は

限りなくゼロです。

 

それは、高波動のエリアから、

波動を落としたエリアや

そこにあるものに

「良さ」を感じられないから。

 

サックサクの天ぷらを食べた後で、

スーパーのお惣菜の天ぷらの味を高評価できないのと同じ。

ショコラティエが絶妙のバランスで仕上げたチョコと

駄菓子のチョコを

同じカテゴリー(チョコ)の食べ物だと思えない感覚に近いw




味もさることながら、

クオリティー、すなわち作った人のレベル(クオリティー)に

感動する感じですかね。

 

食べ慣れているものの方が

「美味しい」と感じるような感覚とは別に、

誰がどう見ても良さの差がはっきりとわかるような

「クオリティー」に関しては、

100発100中で

高波動のものが支持されると思います。

 

あなたが持っている感覚が、まさにそれ。

 

いいものを食べ慣れることを

舌が肥えるといいますが、

「慣れ」の世界でもあるんです。

 

はじめのうちは、

あなたの言っていることの真意が汲めなかった相手も、

あなたの高い波動に慣れることで

本当に良質なものを「いいもの」として認識できるようになる。

 

相手の「今まで(過去)」によって

あなたの働きかけが

受け入れられていないなと感じるようなことであれば、

ブレずに働きかけることで

相手の舌が肥えるように、

相手の感覚が、

あなたの高波動に影響を受け

上方移行していきます。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks