あなたの1番大事なもの、去勢されてない?@ユニコーンのメッセージ

ユニコーンは、7次元の存在だと言われています。

3次元の世界である今の地球では、

「実在しない」というカテゴリーにいる聖獣。

7次元に意識を合わせれば、

「普通に実在している」動物。




目の前の現実をね、

「大人らしく」なんて越える必要ないよ。

 

だって私たち、子どもから始めたじゃない。

んで、私たちが戻るべき場所に居る神様たちも

子どもみたいに自由に愛をクリエイトしてるじゃない。

 

私たちが大事なことを忘れて、

忘れたところから再び獲得するまでの間を

「大人」って言うんだよ、きっと。

 

「大人」って、「白米」みたいだ。

玄米の状態とは明らかに違う何かという、

人に求められた姿へと変貌した後の姿。

 

クリエイトしない(何も生み出さない)ということは、

生命としての種(たね)ではなくなった、

「個」としての力を削がれ

次へとは続いていかない存在となったもの。

 

生命として1番大事なものを削ぎ落とされて、

みんなと同じで、口当たりのいい

あるがままの、植物(生命)としての「米」とは別の

食物としての「何か」になったもの。

 

生命の輪の中には居ない状態の存在・・・

去勢されちゃってるから。

 

大人をやってるうちは、芽は出ないんだろうな。




 

クリエイトしない「大人」という動物は、

「去勢」されている動物であるね、っていうのが

ユニコーンが、動物としての人間を見ての感想。

 

生命を、光と捉えている高次元の存在から見ると、

生命として連鎖していかないものというのは

「自然」ではないんですね。

 

光が光として次を生まないものは、

死や停止、穢れに見えるという。

人間の感覚から言えば、

それ、ちょっと厳しすぎない?ってくらい厳しいところに

「生命」としてのボーダーが引かれている世界観だなぁなんて思ってしまいますが。

クリエイトしない人間に限って言えば、

わからんでもないな、とも思います。

 

 

クリエイト:創造する

つまり、行動するってこと。

新しいものを初めて作り出すこと

→未来を創るってこと。

 

クリエイトするってのは、

芸術活動にのみ、勤しむことじゃないんだよ。

自分の人生や、周りの環境、仲間や後輩チャンたちを真っ直ぐ育てること、これからの地球・・・

まさに、地に足をつけて

自分が「発芽」することで叶っていくはずのものなんだよね。

 

あなたの1番いいとこ、

そこがあるからあなただ!ってなるとこ、

そこ、誰かに求められるままに去勢されてない?w

 

肉体を必要とする、この三次元の世界に生まれてきた意味って、

あなたの光を「生命」として広げるためでもあるよね、絶対。

って、ユニコーンが気づかせてくれたところでした。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks