高次の存在はムード(雰囲気)の中に降りてくる

飛行機が着陸するときの、

管制塔みたいなイメージで

高次の存在とのコミュニケーションを取ろうとしてしまうのが

人間の癖なんですよね。

しっかり、きっちりやろうとしてしまう。

数センチずれたらコンタクトが取れない気がしてしまうからかな。

ムード(mood) : 雰囲気、気分、情緒

高次の存在が、どういう存在なのかを思い出すと、

向き合うスタンスがきっと変わるはずです。


特に天使は、とっても無邪気で自由な存在です。

管制塔からの、事細かな指示によって

無事に着陸を果たすような世界観とは真逆のw

 

「見えない」ということにこだわっていると、

今せっかくとれているコミュニケーションを

発展させることができません。

 

サプライズのプレゼントを用意しているのに、

その中身を見せて!!って言われても見せないですもんね?w

見せないことに「意味」がある場合も

高次の存在とのやりとりには欠かせないスパイスです。

 

そこを、こちら側が管制塔のように

「全てを把握したい!」と縛ると

天使側が、とてもやりにくくなってしまうのと、

天使たちが楽しくなくなってしまうんです。

 

何か起こりそうだなー♡

何か与えられる気配がするー♡

今天使が近くにいるかもー♡

↑こういうムードの状態だからこそ、

本当にそうなったときに

わぁぁぁぁー!!!!ってなれるんですよ。

 

天使たちが起こしたいのは、

人間でいう「結果」ではなくて、

あなたが、わぁぁぁぁー!!!!ってなる瞬間なんです。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks