疲れた心と体をブッダが抱きしめてくれる@宇宙と繋がる般若心経

 

ライトワークお疲れさまです。

この数日、ヘビーでしたね。

大きく変化するときというのは、

古くなりつつあるエネルギーを切り離しながら、

新しいエネルギーを迎え入れ、

それを馴染ませるという

陰陽のように相反する働きが

くるくると回転するように

交互に顔を出してきます。




ただでさえ自分が揺らぎやすくなっているのに

ライトワーカーの元には

濃縮還元ジュースのように濃くなった

周りの人の「揺れ」が

(多くは「不安」ですかね。)

助けて!って言いながら集まってきてしまうので。

 

あなたの軸が、

宇宙の中心としっかりと繋がっていられますように。

誰かの「不安」や「無気力」に汚されてしまったなら、

一度、あなたが心から安心できる場所へと

還りましょう。

 

 

【般若心経 超口語訳】

 

『とっても楽になれる方法があるよ

誰でも幸せに生きる方法のヒント、

もっと力を抜いて楽になろう。

 

苦しみも辛さも全てはいい加減な幻だから、

安心していいよ。

この世は空しいもの、

痛みも悲しみも最初から空っぽなの。

 

この世は変わり行くものだから

苦を楽に変える事だって出来るんだよ。

 

汚れることや、抱え込む事だってある

だから抱え込んだものを

捨ててしまう事だって出来るはず。

 

苦しみとか病とか、そんなものにこだわらなくていい。

見えてるものにこだわらない。

聞こえるものにしがみつかない。

味や香りなんて人それぞれでしょ?

振り回されちゃだめだよ。

揺らぐ心にこだわっちゃだめなの。

それが『無』ってことなんだよ。

 

生きていれば色々あるよね。

辛いものを見ないようにするのは難しい。

でも、あなたに必要のないそれは

その場に置いていきなよ。

いらないんだから。

 

先の事は誰にも見えないもん。

無理して照らそうとしなくてもいいよ。

見えない事を楽しもう。

それが生きてるっていう実感でしょ?

 

正しく生きるのは難しいかもしれない。

でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがある、

苦しんで生きる必要なんてないんだよ。

愉しんで生きる菩薩になろう。

 

全く恐れを感じないのは問題だけど、

適度な恐怖は生きていくのに役立つから。

 

夢や空想や慈悲の心を忘れなければ、

涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変えなくていい、

受け止め方を変えるだけ。

心の余裕を持てば誰でもブッダになれちゃうよ。

 

この般若を唱えてごらん

意味なんてわからなくてもいい

苦しみが少しでも和らぐならね。

「唱えよ、心は消え、魂は静まり、

全ては此処にあり、全てを越えたものなり。」

「悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。」

心配なんてしなくていいよ。

ほら、もうこれで大丈夫。』

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks