体で憶えているレベルのことを解放する必要がある@過去の手放し

 

せっかく、波動なりレベルなりが上がった人たちが

満月や新月みたいな、

環境側のエネルギーが切り替わるタイミングで、

また元に戻るという現象が

このところ大きく感じられたので

しばらく、何でだろう・・・と考えていました。

 

手放すときの

その手放し方が浅いんじゃないかな

というところに思い至ったんです。




結論としては、タイトル通り

「体で憶えている」という深いレベルの

過去や習慣だったものを手放さないと

フラッシュバックが起こるんですね。

 

人間の特徴として、

未経験のことよりも、

経験していることの方が

感情移入がしやすいんです。

 

未来にわくわくすることよりも、

蘇ってきた過去への方が

想いを馳せた時の熱量が大きい。

 

 

感情が揺さぶられるというだけでなく、

波動や、レベルが上がり、

新たな段階が見えてきて

その「未知」感に、

わくわくするときというのは、

旅行の計画を立てている時に似ています。

いろんな情報を集める段階ですよね。

これからの「経験」をより楽しむために。

 

ネットで現地を検索することも、

現地のお天気など「今」を捉えることもできますが、

経験としてはまだ「未知」の状態。

ゆえに、集めている情報が

まだ足りない状態であると言えます。

 

逆に、

「既知」の体験は、

旅行から帰ってきたときの状態ですよね。

「既知」の情報に

結び付けることのできる情報が

経験としてあるので、

ネットで調べた情報+感想(自分の心の動き)

という形になり、

情報にも自然と深みがでることになります。

十分な情報が揃っている状態として。

 

情報の量からしても、

未知のものよりも既知のものの方が

あなたを揺さぶる要素が多いと言えます。





過去を手放すための

ワークなんかが行われていますが、

このワークも

単に、過去を「忘れる」ための

深度のものでは意味がなく、

体が憶えてしまっている情報を

書き換えるような深度で

過去にアプローチするようなものでなくては

本当の意味での

過去を手放すということには

ならないということですね。

 

自分でここをリセットしたい場合に

一番有効なのが、

断捨離的に、

とにかく全部捨てることかもしれません。

 

こんなに潔癖になる必要があるの?って

自分で思うくらいに、

手放したい過去を連想させるものは

自分の周りから一掃してしまう。

戻りたくなったときに

戻れないように

先に手を打っておくといいんでしょうね。

 

思い出みたいなものが

頭を過ったときに、

そこに「もの」があるのかないのかで

かなりフラッシュバックの度合いと深度が

違ってくると思います。

 

 

本気で手放したい、

もう二度と同じレベルには戻りたくない、

そういう覚悟がない中で、

自分だけ波動やレベルが上がった場合、

必要以上に孤独を感じたり、

満たされなさを感じたりして

辛くなってしまう瞬間があるのかもしれません。

 

偶発的にフラッシュバックが起こるのではなく、

波動やレベルが上がったことで

自分の内側で

見て見ぬふりができないくらい大きな

孤独感や満たされなさが発生すれば

過去に繋がるための

フラッシュバックを

自発的に起こしている可能性もあると思います。




〇〇を叶えるために波動を高めたい、

この関係から卒業するためにレベルを上げたい、

自分が「成長」を望み、叶ったときに

無いものねだり的に

手放した過去が一瞬

恋しくなるのかもしれません。

 

でも、その過去を

どれぐらい長い間見つめていたのか、

どれくらいの熱量で恋しがったのか、

このタイミングで自分が

過去に込めてしまったエネルギーの分だけ

高めた波動やレベルが

「元の場所」に戻り始めるんだと思います。

 

思い入れがあるものほど

手放すのは難しいですが、

それ以上に

自分の未来に期待していれば

一度手放せたものが

舞い戻り、再び定着することはないと思いますから。

 

新たな波動、レベルが

自分に馴染むまでは、

過去の自分に甘えないための

「自分を律する」という戦いが

必要なんでしょうね。

 

新しい環境としての新たなステージに立った時に、

孤独や、満たされなさを感じるのは

当たり前かなとも思います。

ワクワクしながらも、

多少、不安もあるでしょうし。

でも、こういう時に

「過去の人」に声をかけるのではなく、

自分の「先」にいる人に

声をかけて欲しいなって思います。

 

この人みたいになりたいなって思う人や、

いつか、ちゃんとお話ししてみたいと思ってた人とか。

ここが「チャンス」だと思って、

思い切って、少し頑張って甘える

そうすることで、

あなたがずっと欲しがっていた

「自分が甘えられる人」と

出逢えるかもしれませんからね。

 

あなたには、あなたにふさわしい未来があります。

一度脱ぎ捨てたものが

今のあなたに似合うとは

とても思えません。

頑張った自分へのご褒美として

今のあなたに一番似合う波動のものを

自分が選ぶことを

あなた自身が気持ちよく許可してあげてくださいね。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks