彼岸花は天上の花@強力な浄化のパワーがあります

 

彼岸花の別名は

曼珠沙華(マンジュシャゲ)と言いまして

天上の花と言われています。

 

お彼岸の頃に咲く花であることと、

お花の形から、

釈迦(ブッダくん)と結び付けて

日本人はこの花を

愛でてきました。




もう咲いてますね、彼岸花。

今日は、彼岸花の中でも

白い彼岸花を浄化に使う方法を

お話ししたいと思います。

 

彼岸花自体には、

「結界」のエネルギーがあります。

そして、特に

人(と、人だったもの)の

邪気を浄化するのに向いています。

 

毒を持つ花ですからねぇ。

そういう意味でも、

対、人に向いている

浄化のエネルギーだということだと思いますが。

 

取り扱いの際は、

口に入らないように

気を付けてくださいね。




この時期、

私が仕込んでおくのが

白い彼岸花をホワイトリカーに漬けたものです。

 

フォルムのかわいい瓶に

白い彼岸花のお花の部分だけを

入れるんですが、

それだけでも もう

フェアリーが水中を漂っているような

見た目にも とても華やかで

幻想的な作品のようになりますw

 

白い彼岸花は、

赤いのみたいに

色が抜けて、

抜け殻みたいになったりしないので

見た目も美しいまま

保存がききます。

 

本当は、そのホワイトリカーに漬け込んだ液体を

浄化液として使うんですが、

人の出入りが多い玄関なんかに

漬けた瓶ごと飾るのも

おすすめですよ。

 

まんまフラワーボトルですからねw

そして

かわいく飾りながら

バレずに浄化できます(´∀`。)

 

 

以前お伝えした

↓ドライアイスを使った浄化です。

「下弦の月のエネルギーワークにお使いください@浄化の光」

 

浄化という世界観の中に、

ぜに「楽しむ」「たしなむ」という要素も

盛り込んでいってもらえたらなぁと思います。

 

神様たちは

美しく、楽しいものが大好きです。

私たちは、せっかく

四季のある国に生きているんですから

神様たちと一緒に、

季節を感じながら

この地球を浄化していけたら

愛と喜びの波動で

黒いものごと優しく包んでしまえるような

優しい浄化が叶っていくと思います。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks