ライトワークとは、雨が降っている場所に光を当てて虹を見せてあげるお仕事

 

雨の中で佇んでいる人に、

虹を見せてあげるということは、

その人が、今の辛い自分の場所から動くことなく

高次の光を目にする機会を

与えてあげるということ。

 

「希望」ですよね。

今の暗い状況の中で見つけた

唯一、美しいものが

自分と同じ場所に出現したことが。



その人はきっと、

この世界にも光(愛)があることを知って

光に向かって歩き始めると思います。

今の場所から抜け出すための

虹という道標に向かって。

 

こっちに向かえば

あの光に近づける!って

虹を見ながら希望を抱いて歩くことで

足元にあった辛い事を見るような

機会も減ることでしょう。

 

歩くから、気持ちが急いて

早く光の傍に!!って

走り出すかもしれない。

 

スピードがあがれば、

多少のことは振り切れます。

気にしようと思ったら、

もう次の景色が目の前に広がるから。

傷も痛みも

別の何かに上書きされるようになり、

もうその人の深いところに

鋭いものとして

何かが刺さってくるようなことも

減っていくんですよね。




虹と一緒に、希望を見つけた人は、

虹に吸い寄せられるように

傷や痛みに溢れた世界から

光の世界へと

自分の意志で、自分の足で

進み始めます。

 

 

高次の存在とのコンタクトや

高次の世界へのアクセスは、

本来のルートであれば

暗く沈んだ状況を改善し、

自分の波動を光として

取り戻した時点の方が叶いやすいですが、

これ、とっても難しいですよね。

 

暗い闇の中から

自力だけで脱出できるのは、

どんな状況の中でも

自分を律することができる

ライトワーカーくらいのものですw

 

普通の人は、

「先にちょうだい、そうしたら動くから」

ですもんねw

 

あまりに波動の乱れた暗い場所には

高次の存在が介入してこれません。

人間側が、光の届く場所まで

まず移動する(波動を高める)ことで

希望の光は見えるシステムなんですが。

 

普通の人にはできないことだからこそ、

地上の天使、神の使いとしての

ライトワーカーが

高次の存在の代わりに

その人に虹を見せてあげるんです。

 

 

これって・・・

とってもすごいことなんですよ。

本来なら、

完全に光を見失ってしまう状況の人を

きっとあなたは

何人も救済してきている。

その人たちの命を

繋ぎとめていたんですから。

 

あなたの笑顔や気遣い、

優しい言葉や温度、

そういう「あなたのもの」が

光として、

雨が降っている地球上では

虹のもとになっているんです。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
この記事が必要な方の元に届くよう
ポチっと応援していただけると
♡♡嬉しいです( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks