【チャネリング、リーディング】今ある感覚を人のために使うことで能力が開花・安定する

 

あなたにはもう、

チャネリングやリーディングをするための素質が備わっています。

ゼロから手に入れるのではなく、

今ある感覚を、能力と呼べるレベルにまで

「育てる」んだと思ってください。

 

チャネリングやリーディングに使う能力は、

能力として使える前段階では

日常生活の障害になるような

邪魔なものであることがほとんどです。



チャネリングやリーディングをするときには

対象となるものにフォーカスし

集中することで、ディープに溶けていくんですが、

このフォーカスが甘くゆるいと、

高次のエネルギーに接触する前に、

4次元の未浄化な存在のエリアに触れてしまいます。

 

電車やバス、タクシーなどの

公共の交通機関で気分が悪くなったり、

女子会で、あり得ないくらい疲れたり、

職場の人のイライラがうつったり。

 

霊体が見える方なら、

うわー Σ(゚д゚;) ってなるような

ヴィジュアルのものが見えてしまったりw

みんなは普通にしていられる場所で

自分だけが異臭に苦しめられたり、

などなど

甘くゆるくあなたのチャンネルが開いていると

「憑依」や「霊障」といった現象の被害に遭う機会が

多いといえます。

 

自分がアクセスしたい場所にフォーカスする訓練こそが

あなたの素質を

能力と呼べるレベルにまで高めてくれます。

 

この訓練をするときに、

自分のことだと

感情が伴ってしまったりして

正確に情報をダウンロードしてくるのが難しいのと、

自分が得た情報を

信頼できるものだと

何でもすぐに確信することも難しいと思いますので、

「誰かのケースに関わる」というのが

能力の開花・安定には一番の近道なんですよ。

 

相手がいれば、

「〇〇なんじゃない?」

「え!!その通りだよ!!何でわかったの?」って

自分がダウンロードしてきた情報が

正確なものなのかというところにも

答え合わせができますからね。



難しく考えずに、

まずは直感に従って

パッと急に顔が浮かんだ人に声をかけてみるとか、

相談されたことについて

オラクルカードを引いてみるとか、

今まで自分のためにしていたような

エネルギーワークや、

スピリチュアルグッズを使った

高次の存在とのコミュニケーションを

「誰かのケース」にも使ってみてくださいね。

 

自分のためのことを

チャネリングしたりリーディングしたりするよりも

とっても楽に正確な情報に辿り着くので

普段、ご自分のためにやっている方ほど

この差にびっくりされると思いますよ。

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
♡♡ポチっと応援していただけると
中の人が大変喜びます( ´艸`)♡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks